家族・趣味(サーフィン・キャンプ)・資産運用・仕事を4つの柱に人生で極上の時間を得る為の活動を記録したブログ

Life is Beautiful‼︎

スノーピーク ドックドームを使った感想をレビューします@大子広域公園オートキャンプ場(11/3〜4)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理者 shinpachiです。 ●4人家族です。家族は自分にとっての最優先事項です! ●サーフィンは15年以上続けています。もはやlife workです。仕事のエンジンは週末の波乗りです。 ●2015年よりオートキャンプを開始。年間10回20泊以上は家族でテント生活しています。キャンプはドップリはまっちゃいました〜 ●2008年よりインデックス投資信託の積立投資を開始。国内外個別株、純金積立も追加して世界分散投資を実行中。 ●2018年新築マンションを購入。リフォームを入れたり、家具や家電にこだわったので、満足しています! ●2018年より不動産投資家としてデビューしました。リスクを極力抑え、中長期的に不労所得を得ていきます。 ●本ブログのタイトル『Life is Beautiful』は、自分の大好きな言葉です。 「生きるって素晴らしい!」 読んで頂ける方に少しでもお役に立てるよう、日々更新していきます。
詳しいプロフィールはこちら

前回に続いて、11/3〜4に茨城県大子町にある大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラでキャンプをしてきました。

 

我が家にとっては、今年8発目、通算28回目、大子グリンヴィラでのキャンプは4回目になります。

【参考記事】関東で大人気の高規格キャンプ場 大子広域公園オートキャンプ場へ行ってきました!楽しむポイント3点をご紹介します。(3/25〜27)

 

今回は、購入したてのスノーピーク ドックドームのデビュー戦になります。

 

ドックドームを張ってみての良い点をレビューです

①設営簡単です

初めての設営でしたが、アウターフレーム構造も、説明書を見ながら簡単に理解することが出来ました。赤いポールもしなやかに曲がってくれます。

 

 

②吊り下げ式テント

フライシートに引っ掛けていきます。迷うことなく出来ましたが、引っかけるフックの数が多くて大変でした。奥から順繰りにかけていきましょう。

雨の日でもインナーテントを濡らさずに設営できるのはありがたいです。

グランドシートは必要ですが、スノーピーク 純正はマストではないと思います。自分の場合はアメドLで使用していたロゴスもので代用できました。

 

 

③スカートが暖かい

今回は11月でしたが、夜はかなり寒くなり、吐く息は白かったです。。。

そんな環境下でも、ドックドームの中は暖かです。アメドとは全然違いました。隙間風がスースーしません。これがPRO幕の実力!?

 

悪い点はどうでしょう?

①結露対策が必要です

今回の大子町の最高気温は20℃で、夜は5℃まで冷え込みました。その寒暖差から、結露がハンパなかったです。

夜になると、もう至る所がびしょびしょになってました。。。ドックドームは気密性が高い為、インナーテントが大変なことに(涙)水滴が付いているのが見えるくらいのレベルです。。。

 

テントの頂点部分、フライシートとインナーテントの隙間が特にひどく、撤収時に乾燥させるのが大変でした。

シールドルーフは絶対にあった方が良いと感じました。なぜ必要かはリビングシェルの記事をご参照ください。ラーメン屋のお冷と同じ理屈ですね。

【参考記事】スノーピーク リビングシェルを使ってみての感想をレビューします

 

 

②チャックの開け閉めが大変

キャンプブログのレビューを参考にして、今回は高さのある後室を入り口にしてみました。

確かにテントの出入りに腰をさほど屈めなくて良いのは楽でしたが、フライシートの中にインナーとメッシュがある為、何枚ものシートのファスナーを開け閉めしなければなりません。

これが結構大変でした。また枚数が多いとバラバラとしてしまって、きれいにまとまってない感じがしてしまいます。

 

通常通り前室から入るとファスナーの数は違うのか?検証したいと思います。また後室を入口にしてしまうとせっかくの前室スペースが使われなくなってしまうのももったいない。このあたりは色々試してみてから決めたいと思います。

 

 

装備品について

ドックドーム専用のインナーマットを買うかどうか?悩みました。

理由はあまりに高すぎるから!です。税抜きで25,800円って高すぎません!?アメドLのもので代用できるか、試してみました。

結論、

全く問題ありません。

 

アメドLはインナーテントの形が正方形に対して、ドックドームは四隅が特殊です。なのでピッタリとはまらないのです(これもスノーピークの錬金術の一種か?と疑いたくなりますが…)

でも大丈夫!角を山折りに折りこんであげれば、この通りです。自分は4人家族ですが、こんな隅っこで寝ることはないので、ゴワゴワするような違和感はありません。

純正で揃えるのは収まりが良いですが、他で代用できるのであれば、少しでもコストを抑えた方が◯ですね!

 

 

まとめです

使ってみての感想ですが、以下にまとめてみました。

◯使い勝手は良さそうです。今回はグループキャンプでしたので、リビングシェルとのドッキングはしませんでしたが、冬は繋げてしまえば寒気に触れることなくキャンプを楽しめます。

 

◯とにかく見た目がカッコイイ。デザイン性が高く、目を引きます(グッドデザイン賞をとったみたいです)カラーバランスもバッチリで、玄人感が出ますね!

 

◯暖かさはさすがですね。これからの冬キャンプでは大活躍してくれそうです。その分結露対策はマストになります。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
管理者 shinpachiです。 ●4人家族です。家族は自分にとっての最優先事項です! ●サーフィンは15年以上続けています。もはやlife workです。仕事のエンジンは週末の波乗りです。 ●2015年よりオートキャンプを開始。年間10回20泊以上は家族でテント生活しています。キャンプはドップリはまっちゃいました〜 ●2008年よりインデックス投資信託の積立投資を開始。国内外個別株、純金積立も追加して世界分散投資を実行中。 ●2018年新築マンションを購入。リフォームを入れたり、家具や家電にこだわったので、満足しています! ●2018年より不動産投資家としてデビューしました。リスクを極力抑え、中長期的に不労所得を得ていきます。 ●本ブログのタイトル『Life is Beautiful』は、自分の大好きな言葉です。 「生きるって素晴らしい!」 読んで頂ける方に少しでもお役に立てるよう、日々更新していきます。
詳しいプロフィールはこちら
Sponserd Link




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Life is Beautiful‼︎ , 2018 All Rights Reserved.