家族・趣味(サーフィン・キャンプ)・資産運用・仕事を4つの柱に人生で極上の時間を得る為の活動を記録したブログ

Life is Beautiful‼︎

住宅ローンは、変動金利か?固定金利か? 固定金利を選んだ3つの理由

2018/04/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理者 shinpachiです。 ●4人家族です。家族は自分にとっての最優先事項です! ●サーフィンは15年以上続けています。もはやlife workです。仕事のエンジンは週末の波乗りです。 ●2015年よりオートキャンプを開始。年間10回20泊以上は家族でテント生活しています。キャンプはドップリはまっちゃいました〜 ●2008年よりインデックス投資信託の積立投資を開始。国内外個別株、純金積立も追加して世界分散投資を実行中。 ●2018年新築マンションを購入。リフォームを入れたり、家具や家電にこだわったので、満足しています! ●2018年より不動産投資家としてデビューしました。リスクを極力抑え、中長期的に不労所得を得ていきます。 ●本ブログのタイトル『Life is Beautiful』は、自分の大好きな言葉です。 「生きるって素晴らしい!」 読んで頂ける方に少しでもお役に立てるよう、日々更新していきます。
詳しいプロフィールはこちら

新築マンション購入についてです。

マンション購入における最大のテーマの1つである、『住宅ローンの金利を変動にするか?固定にするか?』について、自分なりの見解を記事にしていきます。

自分は35年固定金利を選択しました。
選んだ理由は3つあります。

 

①安心を買いたいから

35年という途方もなく長い時間、生まれてからこれまでの人生とほぼ同等の時間があるわけです。その期間を毎月ローンを支払っていかなければなりません。

さらに今は時代の変化が目まぐるしい。これからAI時代に突入して、世界がどうなっていくか全く予想がつきません。金利だってこれまでは大きく上がることはなくても、この先10年、20年後に絶対ないとは言いきれません。

また自身の給与という面でも不安定な部分が多い。給与が無条件で右肩上がりに上がっていくとは思えない、会社の未来も絶対に安定とは言いきれない、自身が病気になるなどのリスクもある、これらの不確定要素がある中で、35年の重みがズシリと乗っかってきます。

 

 固定金利は変わらないことが1番大きい。35年間毎月決められた額を払っていくというゴールが見えます。 

 

いつか金利が上がるんじゃないか?という不安がありません。この点が固定を選択した最大の理由です。

 

 

②変動金利との毎月支払額の差が許容範囲だった

ファイナンシャルプランナーの方にシミュレーションしてもらったところ、月々の支払額の差が1万円以内でした。

その差額ならば、固定金利を選びます。大手キャリアからMVNOに変更するだけで解消ができます。

 

変動金利でないと毎月の支払いがとても出来ない、という人は明らかにキャパオーバーだと思います。ギリギリすぎる。

家を買う前は、固定金利で毎月の支払額を決め、それを35年間のライブイベントを乗り越えて支払っていけるか?を検証してからにすべきです。

ネットで『ライフプランシミュレーション』で検索すると、フォーマットが出てきますので、自分に合いそうなものを見つけて、実際にやってみることをオススメします。

とても大事なことなので時間とお金に余裕があれば、ファイナンシャルプランナーに相談するのもアリだと思います。

 

今後の給与見込み、固定費、税金、車の購入や、旅行、教育費、年金、退職金などなど。家族の年齢に応じた収支を入力していきましょう。

今はネットで調べれば大体のことがわかります。向こう35年の収支を洗い出して見ると、毎月の支払額に無理がないか?が見えてきます。

ちなみに自分は家を買う2年くらい前にやってみましたが、既にシナリオ通りにいってません。。。家を買うにあたり想定より諸経費が多く、思ったように貯金が出来ていないです。見通しが甘かったです。。。初めてのことなので、それはそれで仕方ありません。

👉そんな反省を活かして、費用をまとめた記事を書いておきました。

【保存版】新築マンション購入にかかった費用をすべてまとめました

 

 シミュレーションをしてみることが大事です。将来のロードマップがなければゴールに辿り着けません。 

 

作成することにより、自分がこの年齢の時に子供の受験だから、ある程度貯めておかないとまずいなと想定することができます。

仮に計画から大きく外れてしまったら、途中で軌道修正をしていけば良いのです。繰り返しになりますが、人生は、初めてづくしなので、わからなくて当然です。可能な限り調べて、洗い出していきましょう。

 

 自分の場合は、ライフプランシミュレーションをした事で、この金額ならば何となく支払いができそうだな、家を買おう!と決断することが出来ました。 

 

 

③支払のスタンスを決めておく

この超低金利時代なので、出来るだけ長く借りようと思い、最長の35年固定を選択しました。

よほどのことがない限り繰上げ返済はしない方針です。もし余剰資金があれば投資に回したい。ローンは1%台前半で借りているので、もっと利回りの良い投資先に振り分けた方がお得だと考えます。

 

10年間の住宅ローン減税も大きい。ローン残高の1%が対象になるので、当初10年間は繰上げ返済する効果は少ないと考えます。

 

一方で頭金を充分に用意して、ガンガン繰上げ返済をして、10〜15年でローンを支払う予定の人であれば、変動の方が良いかもしれません。これは支払い能力や年齢にもよるかと思います。

変動金利は5年に一度の金利の見直しがあります。15年であれば見直しのタイミングは2回だけになります。35年の場合の6回と比べると、金利が上がるリスクはグッと減ります。そういう場合ならば、月々の金利が安い変動金利というのもありだと思います。

 支払のスタンスを決めると自ずと方向性が見えてきます。 

 

 

まとめです

自分の場合は固定金利を選びましたが、どちらが良いか?はかなり難しいテーマです。本当に人によると思います。

 

今用意できる答えとしては、

 『住宅ローンの支払い計画を明確にしておく』、以外には無いと思います。 

 

◯毎月いくらまでなら支払えるのか?

まずはこれを知ることが第1です。

上記にも書きましたが、キャパ越えのローンになるのであれば、その物件購入はやめた方が良いです。

 

◯どのくらいの期間借りるのか

マックスの35年なのか?なるべく早く支払いを終えたいのか?を決めます。

 

◯あとは日々の支払額を少しでも安くする変動を選ぶのか?金利上昇のリスクを取らずに固定にするか?を選びます。

 

1番いけないパターンは、物件ありきで決めてしまうことです。

どうしても家が欲しくなって、まあ年収の7倍くらいならいけるって営業マンは言うし、この物件は早い者勝ちだから今決めないと…、同僚のあの人も買ってるなら大丈夫でしょう、とかそういう理由で買ってしまうことです。

自分の周りにも結構います。

 

ちゃんとシミュレーションすることをオススメします。

それが出来れば、自分にとって変動金利が良いのか?固定金利なのか?がわかるはずです。

住宅購入は人生で最大の買い物と言われています。夢のマイホームや、家賃を支払うのとさほど変わりませんよ、という言葉に踊らされず選択したいものです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
管理者 shinpachiです。 ●4人家族です。家族は自分にとっての最優先事項です! ●サーフィンは15年以上続けています。もはやlife workです。仕事のエンジンは週末の波乗りです。 ●2015年よりオートキャンプを開始。年間10回20泊以上は家族でテント生活しています。キャンプはドップリはまっちゃいました〜 ●2008年よりインデックス投資信託の積立投資を開始。国内外個別株、純金積立も追加して世界分散投資を実行中。 ●2018年新築マンションを購入。リフォームを入れたり、家具や家電にこだわったので、満足しています! ●2018年より不動産投資家としてデビューしました。リスクを極力抑え、中長期的に不労所得を得ていきます。 ●本ブログのタイトル『Life is Beautiful』は、自分の大好きな言葉です。 「生きるって素晴らしい!」 読んで頂ける方に少しでもお役に立てるよう、日々更新していきます。
詳しいプロフィールはこちら
Sponserd Link




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Life is Beautiful‼︎ , 2018 All Rights Reserved.