家族・趣味(サーフィン・キャンプ)・資産運用・仕事を4つの柱に人生で極上の時間を得る為の活動を記録したブログ

Life is Beautiful‼︎

車とフェリーで憧れの北海道キャンプへ。かかった費用を全てまとめます

2022/09/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理者 SYaRioN(シャリオン)です。 ●4人家族です。家族は自分にとっての最優先事項です! ●サーフィンは20年続けています。もはやlife workです。仕事のエンジンは週末の波乗りです。 ●2015年よりオートキャンプを開始。年間10回20泊以上は家族でテント生活しています。キャンプはドップリはまっちゃいました〜 ●2008年よりインデックス投資信託の積立投資を開始。国内外個別株、純金積立も追加して世界分散投資を実行中。 ●2018年新築マンションを購入。リフォームを入れたり、家具や家電にこだわったので、満足しています! ●2018年より不動産投資家としてデビューしました。リスクを極力抑え、中長期的に不労所得を得ていきます。 ●本ブログのタイトル『Life is Beautiful』は、自分の大好きな言葉です。 「生きるって素晴らしい!」 読んで頂ける方に少しでもお役に立てるよう、日々更新していきます。
詳しいプロフィールはこちら





夏休みに8泊9日の北海道旅行にかかった費用をまとめてみます。

フェリーで行く夏の8泊9日北海道旅行&富良野キャンプの全スケジュールです

 

 

今回は初体験盛り沢山の旅となった為、時間をかけて準備を進めました。

  • 長期間の旅行
  • 長距離ドライブ
  • 北海道各所を転々と移動
  • 本州と気候が異なる北海道キャンプ
  • 初の車でのフェリー利用

 

体に無理のないよう、安全に旅を進める為にプランを作り、費用についてまとめています。

 

総費用でこれだけかかりました

まず、結論です。

 

8泊9日で、

 

約40万円です。

 

なかなかの金額ですね。でもこれだけの内容で、長期の旅行を楽しめたのですから、安かったのかと!

 

我が家の方針として、以下2点です。

  • 抑えられるところはしっかりと節約する
  • そこでしか食べられない絶版グルメや観光地では迷わず使う

 

さて、費目別で見ていきたいと思います。

 




交通費

費用で最も大きな比率を占めたのがこちらです。

 

フェリー往路

行きは、青森→函館まで津軽海峡フェリーを利用しました。深夜便です。

 

 

2:40発 6:20着
青 森→函 館
コンフォート(4名洋室) 乗用車有りプランです。

 

費用は26,860円でした。

 

NEXCO東日本のキャンペーンの道トクふりーぱす(指定期間北海道内の高速使い放題)により20%OFFとなりました。乗船手続きは各ターミナル窓口での手続きとなるので注意が必要です。

 

 

コロナ禍と、丸一日ドライブの疲れを少しでも癒す為に個室を予約しました。

 

ゆっくり休めたので、個室で正解でした。

 

予約開始が乗船日の3ヶ月前の同日9:00より になるので、予約開始日に確保しました。

 

フェリー 復路

苫小牧→大洗で、商船三井フェリーを利用。船内はきれいでした。

 

苫小牧(18:45発)→大洗(翌日14:00着)

新さんふらわあ ふらの
等級: スーペリア[和洋室]

 

費用は92,320円でした。今回の旅行で最も大きな出費でした。

 

こちらも快適な船旅をする為に、4名個室を利用しました。

 

さんふらわあは、4名個室が18室しかない為、何がなんでもとるべしということで、予約開始日にPCに張り付いて予約しました。

 

押さえた部屋は、スーペリアオーシャンビュー(和洋室)になります。

 

商船三井フェリー公式HPより

 

 

予約時のポイントは

  • 入力項目を予め確認しておくこと
  • 登録項目が多いので、練習しておくと良いです
  • 車検証の入力項目をチェックしておくこと
  • 一旦は、1名で予約し、後日家族の情報を入力すること

 

この作戦でなんとか、確保できました。

 

部屋の広さは13.35m2で、ベッド2台、折畳マットレス2台、設備シャワー&トイレユニット、テレビ、冷蔵庫を完備しています。

 

残念だったのは、部屋に入るとWi-Fiが届かない為、スマホ等が使えないことです。利用する時は、パブリックスペースで使いましょう。

 

 

こちらのフェリーは、大浴場が付いているのがうれしいですよね。出向前から入れますので、1番風呂を狙うのもアリかと思います。

商船三井フェリー公式HP

 

 

高速料金

自宅から最寄りのICから青森ICまでは、合計で約11,000円。(意外と安く行けるんだなと!)

 

運転は大変だけど、家族4人でこの金額は魅力ですよね。

 

北海道に上陸してからは、道トクふりーぱす(指定期間高速使い放題)の8,000円で2日間使い放題を利用しました。

 

NEXCO東日本HPより

 

 

北海道は割と高速が走っていないので、ちゃんとご自身の観光ルートをHPにてご確認下さい。

 

先にも書きましたが、今回はフェリーの20%割引キャンペーンがあったので利用しました。費用比較すると3,000円くらいお得になりました。

 

 

ガソリン

今回の旅行の総走行距離は、1,200-1,300キロは走りました。

 

費用としては、約30,000円でした。

 

青森県に入ってから、高速のサービスエリアにガソリンスタンドがほとんど無く焦りました。

 

地方になればなるほど、ガソリンスタンドが少なくなりますし、夜は早めに閉まるので注意が必要です。

 

宿泊費用

ホテル代金

2日目の函館と、3日目の札幌はビジネスホテルを予約しました。

 

長時間ドライブの疲れを取る為、以下の条件を満たすホテルをチョイス。

  • 温泉大浴場があること(めっちゃ、重要)
  • きれいで安いこと
  • 朝食付きのところ

 

函館は、ホテルパコを利用。費用は朝食付き4名で、12,960円です。

 

札幌は、ベッセルインを利用。費用は朝食付き4名で11,500円です。

 

特に、ベッセルインは朝食のバイキングが、素晴らしかった。またホテルも非常にきれいでクオリティが高かったですね。

 

驚きのレベルです。海鮮もバイキングとは思えないほど、美味しい。

 

キャンプ場

今回のメインイベントが、富良野にある『星に手のとどく丘キャンプ場』です。

 

その名の通り、星空が素晴らしく、それだけでなく富良野の大地に沈む夕陽や、動物達との触れ合い、絶品ジンギスカンが食べれます。

夏休みの北海道キャンプ。富良野にある『星に手のとどく丘キャンプ場』のレポートです

 

こちらは、本州のキャンプ場と比較すると非常に安くてありがたかったです。

 

費用は家族4人オートサイトの利用で1泊3,600円、4泊で14,400円でした。

 

​利用料金(人数)+サイト料金になりますので、詳細は公式HPをご確認ください。

 

 




食費

美味しいグルメを頂きました。

 

旅行記にまとめています。筆者は、札幌に3年在住していたことがあり、かなり厳選されたとかばかりです。ぜひ読んでみてください。

フェリーで行く夏の8泊9日北海道旅行&富良野キャンプの全スケジュールです

レジャー費

観光地でかかった費用になります。

 

トマム雲海テラス行きのゴンドラ

3日間トライしたので、6,200円×3日で18,600円した。大人 1,900円、小学生 1,200円です。

 

現金しか使えないことに本当に困りましたので、多めに持っていくことをオススメします。

 

結果的には、毎朝2時起きし、最終日の3日目に幻想的な雲海が見れてよかったです。

絶景のトマム雲海レポート。ゴンドラの時間や服装など攻略方法をご説明します

 

函館山ロープウェイ

こちらは前半戦のハイライトでした。

 

三大夜景と言われているだけあって、息を飲むほどの美しさがありました。

 

ロープウェイは、大人(中学生以上)は往復1,500円、小学生以下は700円でした。

 

旭山動物園の入場券

市営だけあり、安かったです。

 

大人1,000円、中学生以下の子供が無料というのもうれしい。

 

北海道の名所の一つですね。

 

四季彩の丘

入場料(高校生以上500円、小・中学生:300円)と、場内でカートをレンタルしました。

 

 

ものすごく広いので、カートがあると楽しく花々を鑑賞できますね。4人乗り / 1台:2,200円

 

他にも、トラクターバスやバギーも有料で乗るこることができます。

 




まとめです

総額40万円でした。

 

今回の旅は、金額以上にプライスレスな時間を過ごすことができました。

 

子供達は、どんどん大きくなっていき、なかなか家族みんなで過ごす時間は少なくなります。これは致し方ないことなのですが、寂しいものです。

 

そんな中で、今回は8泊9日のまとまった時間をとれたので、本当に良かったです。

 

嬉しいことに子供達からは、また来年も行きたいという声が上がっているので、是非とも検討したいと思います。

 

高速で青森まで行けることがわかったので、復路のフェリー代金を節約するルートを検討しても良いのかなと考えています。

 

コロナ禍と、極端な円安に燃油高で海外旅行が難しい今、北海道へ車でキャンプはアリだと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
管理者 SYaRioN(シャリオン)です。 ●4人家族です。家族は自分にとっての最優先事項です! ●サーフィンは20年続けています。もはやlife workです。仕事のエンジンは週末の波乗りです。 ●2015年よりオートキャンプを開始。年間10回20泊以上は家族でテント生活しています。キャンプはドップリはまっちゃいました〜 ●2008年よりインデックス投資信託の積立投資を開始。国内外個別株、純金積立も追加して世界分散投資を実行中。 ●2018年新築マンションを購入。リフォームを入れたり、家具や家電にこだわったので、満足しています! ●2018年より不動産投資家としてデビューしました。リスクを極力抑え、中長期的に不労所得を得ていきます。 ●本ブログのタイトル『Life is Beautiful』は、自分の大好きな言葉です。 「生きるって素晴らしい!」 読んで頂ける方に少しでもお役に立てるよう、日々更新していきます。
詳しいプロフィールはこちら
Sponserd Link




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Life is Beautiful‼︎ , 2022 All Rights Reserved.