家族・趣味(サーフィン・キャンプ)・資産運用・仕事を4つの柱に人生で極上の時間を得る為の活動を記録したブログ

Life is Beautiful‼︎

絶景のトマム雲海レポート。ゴンドラの時間や服装など攻略方法をご説明します

2022/09/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理者 SYaRioN(シャリオン)です。 ●4人家族です。家族は自分にとっての最優先事項です! ●サーフィンは20年続けています。もはやlife workです。仕事のエンジンは週末の波乗りです。 ●2015年よりオートキャンプを開始。年間10回20泊以上は家族でテント生活しています。キャンプはドップリはまっちゃいました〜 ●2008年よりインデックス投資信託の積立投資を開始。国内外個別株、純金積立も追加して世界分散投資を実行中。 ●2018年新築マンションを購入。リフォームを入れたり、家具や家電にこだわったので、満足しています! ●2018年より不動産投資家としてデビューしました。リスクを極力抑え、中長期的に不労所得を得ていきます。 ●本ブログのタイトル『Life is Beautiful』は、自分の大好きな言葉です。 「生きるって素晴らしい!」 読んで頂ける方に少しでもお役に立てるよう、日々更新していきます。
詳しいプロフィールはこちら





今回はトマムの雲海についての記事になります。

 

夏休みを使って、8泊9日の北海道旅行に行ってきました。

フェリーで行く夏の8泊9日北海道旅行&富良野キャンプの全スケジュールです

 

その中で最大の目的が、『星に手のとどく丘キャンプ場』での初の北海道キャンプ。

夏休みの北海道キャンプ。富良野にある『星に手のとどく丘キャンプ場』のレポートです

 

そしてそれに並ぶ大きな目的が、『トマムで雲海を見る!』です。

 

今回は、発生率40%と言われ、北海道のトマムまで行って、結果伸るか反るかすべて運任せの雲海について、まとめてみます。




雲海とは?

雲海(うんかい)とは、山や航空機など高度の高い位置から見下ろしたとき、雲を海に譬える気象景観。

山で見られる雲海は、山間部などでの放射冷却によって霧、層雲が広域に発生する自然現象による。

雲の海に山々が島のように浮かんでいるように見えることから雲海と呼ばれる。WiKiより引用

 

神秘的な現象ですよね。

 

私は星野リゾートの雲海テラスのHPを見て、何が何でもこの絶景を見たいと思っていました。

 

10年前に札幌に住んでいた時も、1度チャレンジしたことがあるのですが、きれいに晴れ渡り一つの雲もありませんでした。

 

今回はそのリベンジになります。

 

トマム雲海とは

大きく3つの種類があります。これは事前に押さえておいたほうが良いので引用します。

①ダイナミックな動きはトマムならでは 太平洋産雲海

夏、十勝や釧路沖の海水温は低いままです。そこに、太平洋高気圧による南からの暖かい空気が流れ込むと、北海道東部沖では大規模な下層雲(海霧)が発生します。

発生した下層雲は、南東の風によって十勝平野を覆い、日高山脈を越えてトマムに達します。トマム山は太平洋産雲海が届くかどうかのところに位置し、太平洋産雲海は「トマムならではの雲海」とも言えます。

雲の勢いが強すぎると雲海テラスも雲の中に入ってしまい、雲の勢いが弱いと日高山脈を越えられません。滝のような雲海は、絶妙な条件が揃ったときにだけ見られる希少な雲海なのです。いつでも見られるわけではないからこそ、見る価値がある現象です。

 

太平洋産雲海が発生しやすい条件

・北海道東部が高気圧に覆われ、海霧が発生
・東~南東の風が、トマムエリアに吹き込む
・前日の夜から明け方にかけて風が弱い

 

②雲の上に突き出るホテルが印象的な トマム産雲海

トマム産雲海は、風が弱く晴れた夜、熱が上空に逃げて冷やされた空気が盆地状の地形の底に溜まることで発生する放射冷却による雲海です。

このトマム産雲海が発生する朝は、山麓よりも山頂の方が気温が高くなります。日が昇り、盆地が暖められると、雲海は徐々に消えていきます。

リゾナーレトマムやザ・タワーが、雲海の中から突き出て見えることもあります。

 

トマム産雲海が発生しやすい条件

・トマムエリアが高気圧に覆われ、朝方晴れる
・前日の夜から明け方にかけて風が弱い
・朝方に気温が急激に低下した

 

③天気が悪い日こそ見られるチャンス 悪天候型雲海

天気が悪いときや、これから悪くなるときに出る雲海です。雲海テラスから見える山にまとわりつくように発生した層雲が広がって雲海となり、その雲海の上にも雲があります。

立派な雲海ができることもありますが、雲の動きが激しく、やがて雲海テラスは雲の中に入り、天気が悪くなることが多くなります。

 

悪天候型雲海が発生しやすい条件

・低気圧が接近している
・天気が下り坂の予報が出ている
・天気が悪い

星野リゾートトマムより引用

 

個人的には①の太平洋産雲海が一番見てみたいと思っています。

雲海テラスへのアクセス

雲海を見るためには、ゴンドラで標高1,088mの山頂まで登ります。

 

我が家が行った8月後半では、4時過ぎ(10分くらい?)にゴンドラが動き始めるので、それより前に列に並んでおく必要があります。

 

3:45くらいに並び始めて、大体40-50人目くらいでしょうか。4時の時点の列がこちら↓かなり並んでいますね。

 

チケットは大人 1,900円、小学生 1,200円(結構高いです、しかも現金のみなのでちゃんと用意しておきましょう)*星野リゾート宿泊の方は不要のようでした。

 

 

乗車までに大体30~40分くらいかかります。この待っている間がディズニーランドのアトラクションのよう。グルグルと施設内をロープに従って歩きます。

 

ゴンドラに乗り込むと、あとは運を天に任せるのみです。




服装について

かなり寒いです。10度くらいしかありません。

 

冬と同じ装備でよいかと思います。ヒートテックにフリース+ウルトラライトダウンを着込んでちょうど良い感じでした。

 

雲海テラスに行くと、より一層冷えます。寒いと雲海鑑賞どころではなくなり、まったく楽しめませんので十分な装備をおススメします。

 

我が家の雲海奮闘記

トマムの雲海では、前日に雲海情報がHPにアップされます。

 

気象庁の予想をもとにしているようです。

 

山頂にいる星野リゾートのスタッフさんによると、最高は雲海発生率70%で年に1・2回あれば良いレベルの確率のようです。50%以上だと期待は持てるのではとのこと。

 

今回は、トマムまで車で1時間の距離にある富良野の『星に手のとどく丘キャンプ場』からのアクセスになる為、2時起きの2時半出発になります。相当ハードだぜ。

 

8月24日

雲海発生率30%予報

 

案の定ダメでした。

 

雲海テラスが雲の中に包まれて、真っ白で何一つ見えません。。

 

この日は、風が強く、雲海が発生しなかった模様。残念。。。寒いのですぐに下山しました。

 

8月25日

雲海発生率40%予報

 

前日より確率UP。期待に胸を膨らませて、トマムまでアクセスします。

 

私達がゴンドラに乗り込んだ4:50の時の行列です。外にはみ出すくらい並んでいますので、やはり朝は頑張って並んだ方が良さそうです。

 

結果は、残念ながら発生なし。。。

 

まじかーーー。2連敗です。

 

頂上にいるスタッフさんによると、朝は思いのほか風が強まってしまったのが原因ではと。

 

今日はコンディション的にトマム産雲海で、その場合は、ゴンドラで上がってくるときに雲がないとダメなようです。また車でトマムに来るときに、霧で運転しづらいくらいガスっているのがよく見れる状態とのこと。

 

うーーーーん、難しい。

 

しかしながら、天気は良く、トマムリゾートが一望できます。さらに秋の代表的な雲である羊雲が美しい。

 

まさに雲海テラスですね。

 

せっかくの天気なので、雲海テラスから5分くらいの距離にある、絶景スポットへ。

 

Cloud9という施設で、ゴンドラ運賃を支払って来てくれた方々が、例え雲海が見れなかった時に少しでもトマムを楽しんでもらうように作られた施設とのこと。現在は6施設が完成しています。

 

距離的にも近くて、特別な装備は不要なので、ぜひ行ってみてください。絶景が待ってます。

 

スタッフさんによると、『明日は個人的には雲海が発生すると思います』とのこと。しかもずっと見たかった太平洋産雲海のようです。どうやり風がいいらしい!

 

8月26日

雲海発生率40%予報

 

50%にいかなかったかー。

 

3度目の正直。毎朝2時起きで、今日は少し遅めでもいいのでは?という思いもよぎります。トマム産雲海は長ければ、9時くらいまで発生し続けることもあるようです。

 

でも最終日、ここを逃したら見ることが出来ません。後悔はしたくないと家族で話し合い、トライしました。

 

 

ゴンドラに乗り込み、運命の時を迎えます。昨日のスタッフさんは、今日は太平洋産雲海が出そうと言ってくれました。。

 

太平洋産雲海が発生する場合は。ゴンドラでは曇りになっていることが多く、頂上に着いた時にそれが雲の上か下かが運命の分かれ道で、それは上がってみないとわからないようです。

 

ちなみに今は・・・

 

あれあれ、雲ないけど。ゴンドラの山頂がはっきり見えてます。

 

まさか、まさか、やってもうたか。。。

 

複雑な思いを胸に頂上へ到着します。

 

すると・・・

 

 

あった、あります。雲海が見えます。ようやく見ることが出来ました。

 

感動です!!

 

 

雲海は刻一刻と姿を変えるので、見ていて飽きません。左手にある雲海が徐々にトマムに入り込んでくるのを、家族四人でずっと見ていました。

 

徐々に徐々に(数時間かけて)流れてきます。

 

途中雨が降ったことで、大気中の湿度が増えて、より雲が入りやすくなったとスタッフさんが教えてくれました。

 

雲海は本当に微妙な気象条件が重なり、奇跡に近い形で見ることが出来るんだなと実感します。

 

関西のテレビ局が来ていて、ニュースで雲海の生中継をしていました。

 

雲海千人との対談

 

千と千尋の神隠しの音楽を、星野リゾートさんが用意した旅するピアノで弾いていました。

 

雲海を眺めながら。ピアノの生演奏を聞けるという素晴らしい時間でしたね。

 

全部で3時間ほど雲海テラスに滞在しましたが、最後のほうは左手にトマム産雲海、右手から中央にかけて悪天候型雲海が発生するというレアなケースに遭遇しました。

 

最終日にトマム雲海の絶景を眺めることが出来ました。




雲海テラスの施設

オシャレカフェがあります。めちゃくちゃ並びます。

 

SNS映えするメニューが用意されています。*メニューはHPをご確認ください。

 

カフェの外側にある、ベンチで雲海を眺めるのが最高ですね。

 

山頂にあるポストから、郵便を発送できます。切手代は不要です。ショップではがきを買うことが出来ます。

 

雲海テラスから届く、ポストカードって素敵ですよね。子供達は祖父母に書いていました。

 

まとめです

発生率40%という、まさに運任せなのが雲海です。

 

それが魅力でもあるのですが、ただでさえ観光スポットの多い北海道で、その時間を確保するのが大変です。早起きも体に応えます。

 

でも、毎日連続して3日間通った経験から、言いわせてください。

 

もしトマムに行くチャンスがあったならば、いや、北海道に旅行することがあるならならば、ぜひチャレンジしてほしいと思います。

 

 

それだけの感動があります。一期一会のレアな経験が出来ます。

 

早朝に起きて、澄んだ空気の中、目の前に広がる雲海を眺める。間違いなく素晴らしい思い出になるはずです。

 

 

またもし万が一、見えなかったとしてもそれはそれで良いお土産話なるはずです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
管理者 SYaRioN(シャリオン)です。 ●4人家族です。家族は自分にとっての最優先事項です! ●サーフィンは20年続けています。もはやlife workです。仕事のエンジンは週末の波乗りです。 ●2015年よりオートキャンプを開始。年間10回20泊以上は家族でテント生活しています。キャンプはドップリはまっちゃいました〜 ●2008年よりインデックス投資信託の積立投資を開始。国内外個別株、純金積立も追加して世界分散投資を実行中。 ●2018年新築マンションを購入。リフォームを入れたり、家具や家電にこだわったので、満足しています! ●2018年より不動産投資家としてデビューしました。リスクを極力抑え、中長期的に不労所得を得ていきます。 ●本ブログのタイトル『Life is Beautiful』は、自分の大好きな言葉です。 「生きるって素晴らしい!」 読んで頂ける方に少しでもお役に立てるよう、日々更新していきます。
詳しいプロフィールはこちら
Sponserd Link




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Life is Beautiful‼︎ , 2022 All Rights Reserved.